忍者ブログ
普段、みなさんが旅行・出張・帰省などで乗る飛行機。安全に快適に目的地へお客さんを運ぶために、多くの人が業務に携わっています。航空会社ではパイロット、客室乗務員、整備士・・・、その他にも、手荷物を預かり貨物室に乗せ取り出す人、機内食や飲み物を準備する人や搭載する人、パイロットと無線交信を行う管制塔のスタッフ、いろんな人がいる。その中から特に整備士の観点からお客さんではなかなか知りえない情報を提供したいと思います。
Admin  +   Write



31章は表示(Indicating)と記録(Recording)。

IndicatingはCockpitの計器類や画面、
またはそれらに関わるスイッチなどが該当する。

例えば、Pilotの頭上に配置され、エアコン、電気、
ハイドロなど各システムの操作に使うOverhead Panel。


また機体の姿勢や速度、外気の状況やナビゲーション、
各システムの状況などを示す表示画面やその操作パネル。


システムに不具合があった際、乗員にそれを通知し
必要により操作を促すWarning/Cautionについても31章になる。
 

警告(Warning)は赤で、注意(Caution)は橙で示され、
異常がない場合は緑や青や白で示されることが多い。


このような表示画面の呼び名はBoeingとAirbusで異なる。
Boeing - EICAS (Engine Indicating and Crew Alerting System)
Airbus - ECAM (Electronic Centralised Aircraft Monitor)
 
Recordingは主に飛行データ記録装置(FDR: Flight Data Recorder)を言う。
ブラックボックスと呼ばれるがオレンジの箱である。
 
航空事故の際に機体の解析に使用されるため、
1000度以上の温度に30分とか、強い衝撃(1000G)とか、
海水や燃料の中に何時間浸されても耐えられる構造である
などクリアするべき厳しい要求がある。

FDRにはバッテリーが内蔵されており
機体電源を喪失しても一定時間記録できるようになっている。


▲航空整備士になりたいあなたに▲

拍手[1回]

PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
Aircraft Maintenance
性別:
非公開
自己紹介:
某航空会社で整備士をやってます。
フリーエリア
P R
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]